Vous utilisez une ancienne
version de votre navigateur

Veuillez télécharger la mise à jour afin de bénécifier de toutes les fonctionnalités du site

Mettre à jour votre navigateur

En poursuivant votre navigation sur ce site, vous acceptez l'utilisation de Cookies pour réaliser des statistiques de visites et vous proposer du contenu ciblé.

インスラ・オーケストラ (Insula orchestra)

インスラ・オーケストラは2012年、仏オードセーヌ県の支援の下、ローランス・エキルベイが創設。2017年4月には、パリ西部「ラ・セーヌ・ミュージカル」劇場のこけら落としを行った。1150席の客席からなる「オーディトリアム」を備えたこの劇場を本拠地とするインスラ・オーケストラは、プログラム作成の一部も担当している。
 
著名な劇場やフェスティバルで演奏し、フランス国内外で活躍するインスラ・オーケストラ。創設以来、パリ、ハンブルグ、エッセン、ワルシャワ各地のフィルハーモニー、ザルツブルグのモーツァルト週間、パリのオペラ・コミック座、ロンドンのバービカンセンター、バーゼル・シュタットカジノ・コンサートホール、ルーブル美術館アブダビ分館、ニューヨークのリンカーンセンターなどに招聘されている。
 
インスラ・オーケストラは、古典派からロマン派に至るレパートリーを持ち、交響楽だけではなく、合唱団、ソリストとの共演や、音楽劇まで、幅広いプログラムを作品が生まれた当時の楽器で演奏している。レパートリーの中心は、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトそしてウェーバーである。
 
オーケストラは革新的で充実した文化・教育的プロジェクトを展開し、あらゆる観客層の獲得に向けて、クラシック音楽の伝統的な形式や規範を超えた活動を行っている。オーケストラは、各プログラムに合わせて、デジタル・芸術・教育分野の新形式、そしてクリップ、ウェブシリーズなどを活用する。
 
インスラ・オーケストラは創立以来モーツァルト作曲『レクイエム』(ナイーブ、2014年)、グルック作曲『オルフェオとエウリディーチェ』(ドイツ・グラモフォン、2015年)、モーツァルト作曲『ヴェスペレ』と『シューベルト』(ワーナークラシックス-エラート、2017年)、『管弦楽編曲版歌曲集』(ワーナークラシックス-エラート、2017年)、など複数のディスクを世に送り出している。ローランス・エキルベイ率いるこのオーケストラは、ベートーヴェンの生誕を祝して2枚のディスクを発売。ニコラ・アンゲリッシュとの共演による「ピアノ協奏曲第4番」と「ピアノ協奏曲第5番」、そしてベルトラン・シャマユ、アレクサンドラ・コヌノヴァ、ナタリー・クライン、ダヴィッド・カドゥシュ、アクサンチュスとの共演による「三重協奏曲」と「合唱幻想曲」だ。
 
インスラ・オーケストラはオードセーヌ県の支援を受け、「ラ・セーヌ・ミュージカル」劇場を本拠地としている。インスラ・オーケストラがセーヌ河のセガン島で展開する試みは、6つの創立パートナーの支援を受けている:カルフール、ミシュラン企業財団、グラントソントン、メルディア、クリエイティブ・エージェンシー W、マテルネ社。これらパートナーは、インスラ・オーケストラの文化・教育活動を支援している。アクサンチュスとインスラ・オーケストラの友の会accioは、ローランス・エキルベイが提唱する芸術活動を支持し、個人や企業の積極参加を促している。インスラ・オーケストラは、FEVIS(専門声楽器楽アンサンブル連盟)およびSPPF(仏フォノグラム制作民間組織)の会員である。

Vous aimerez aussi