You are using an older browser version

Please download the update in order to benefit from all the site's features

Update your browser

By continuing your visit to this site, you accept the use of cookies for statistical visits and offer targeted content.

ラ・フラ・デルス・バウスとの共同創作

ヨーゼフ・ハイドン作曲『天地創造』の舞台演出は、ローランス・エキルベイとカルルス・パドリッサが手掛けた超人的作品となる!この並外れた創作の舞台裏を垣間見せるドキュメンタリーをぜひご覧ください。
 
 
『天地創造』に関するメディアの反応:
「エキルベイは、巧妙でいて、しかし意外なほど気取りのない演奏を引き出した。」
2018年7月20日付ニューヨーク・タイムズ紙、アントニー・トマシーニ記者
「インスラ・オーケストラは、躍動的な成熟段階に達したことを示してみせた。私的でありながら同時に雄大なこの楽曲を知的に解釈したローランス・エキルベイの功績によるところが大きい。色彩感覚、演劇的なセンス、正確さが加わって、彼女の音楽はさらにしなやかに、広がり、増幅された。」
2017年3月16日付ルモンド紙、マリー=オード・ルー記者
「舞台美術は、クレーンでつられた水槽、投影用の可働スクリーンとなる巨大なキャンバス・パネル、楽譜や動画を映し出すデジタルタブレット、LEDライトが付いた衣装、ヘリウムで膨らませたたくさんの巨大な白風船といった要素で構成されている。白風船は投影用のスクリーンとしても利用され、幻想的な瞬間を生み出す。同様に、空間的広がり感の増幅で、合唱団が2度にわたって観客の間際に迫るような効果を出している。」
2017年5月13日付テレラマ誌、ソフィー・ブルデ記者
 
詳細は、インスラ・オーケストラのウェブサイト(英語)へ

You would also like